海棲昆虫。

都市伝説から、音楽、文芸。

奇天烈動画配信団はなぜ活動停止せざるおえなかったのか?

f:id:kantons177:20170921092856j:image

https://m.youtube.com/#/user/kiteretu69

 

 

 

奇天烈動画配信団さん(左、ムーンライト月光さん   右、こらおうさん)は、2012年あたりからyoutube上で、活動していました。

 

奇天烈動画配信団さんは、2015年6月20日に出した動画を最後に、活動を停止しています。

 

『真相』という最後の動画では、なぜ活動停止せざるおえなかったのか?(それ以前にも、活動停止期間があった模様)という真相について、こらおうさんが語っています。

 

それによると、何らかの勢力による圧力がかかったため、活動停止せざるおえなかったということです。
 
そして、この『真相』では、動画配信は趣味でやっているので、隠すところは隠して、動画を配信していきたいと、語っているにも関わらず、これが最後の動画となります。

 最後の動画になったということは、さらに強い圧力がかかってきた、ということなのでしょうか?

 

 

 

 

奇天烈動画配信団さんの活動停止
は数々の謎を呼んでいます。
その謎をまとめると、

 

  • なぜ活動停止せざるおえなかったのか?
  • 本当に圧力がかかっていたのか?
  • 圧力があったならば、その勢力とはどんな組織なのか?

 

 

謎はたくさん残ります。

 

しかし、なにがそこまで、活動停止に追い込んだかというと、

 

それはどうやら『ネアンデルタール人が人類を作った』

という人類創生に関わる思想がどうやら、まずかったそうです。

 

確かにこの思想は、トンデモないですよねw
宗教の記述や、ダーウィンの進化論を完全に否定していますからね。
しかし、ダーウィンの進化論は完全に覆りますが、『神が人間を神の形を模して作った』という記述は、神の部分をネアンデルタール人に置き換えることができます。
しかし、神に対する侮辱に違いはありませんので、何らかの宗教組織による圧力ということも考えられます。
もちろん、奇天烈動画配信団さんによる自作自演ということも考えられますがね。

 

 

 

イリヤッド』という漫画にも、ネアンデルタール人の記述があります。
この『イリヤッド』という漫画は、古代文明アトランティスを日本人の考古学者が追求する考古学的アドベンチャー漫画です。

 

 

 

 

この漫画には、ネアンデルタール人アトランティス大陸を築いた、つまり、ネアンデルタール人は高度に発達した文明を有していたことが述べられています。
つまり、これは、こらおうさんによるネアンデルタール人宇宙人説にも、深く関わってきています。

 

 

 

ネアンデルタール人は何万年も前にも、火星に飛び立っていて、そして、地球に今の私達を、人類を創生した。
この思想を肯定するとして、そこでさらに出てくるヤバい考察が、

 

『人類創生にあたって、遺伝子操作、ゲノム編集を行なったのか?行なっていないのか?』

これは、行わない訳がないですよねw

 

なぜなら、火星に移住可能な程の高度の文明を有したネアンデルタール人が、今の地球人(人類)ですら可能なことを、行わないはずがないですよね。
アトランティスは、遺伝子操作に長けていて、半人半獣を作り出していたとも言われていますしね。

 

この遺伝子操作に関する考察も、何らかの圧力がかかるに至った原因ではないでしょうか?

 

 

 

 

彼は、さらに、日本人に対して、『せっかくこの国(日本)に生まれてきたんだから、日本人としての誇りを持って欲しい』とも語っていました。
どうやら、それをも邪魔する集団が存在するようです。

 

 

 

ここまで、彼らを、もう動画配信を辞めた存在のように語ってきましたが、実は去年の熊本の震災の直前に、熊本の震災を予知するかのような警告動画をアップしています。
その後すぐ消されましたが、

 

なので、多分まだ生きているのではないでしょうか。
彼らの、生きていること、それから、動画をまた再開してくれることを信じて待つしかないでね。

 

彼らの続報が入り次第、また書いていこうと思います。